公演概要
  公演趣旨
  出演者
  公演目的
  作品概要
  台本
  Kim Sang Soo
  2003・東京公演記事
  Photo
  2001年
   韓国- ソウル公演
  2001年
   日本- 大阪公演
  kimsangsoo.com
台本】 1.島の発見    2.島から島へ    3.島の空
 

                                                     

                                                       作・演出  金 相秀


作品の意図
  この作品は現実と想像の狭間、つまりその境界に位置している。包括的に述べると、現世と来世、事物と言語、その間で人々は各々不安におののきながら息をしている。その不安の観念を指して意識の島と名付けようということだ。実際に陸と海の境界に置かれた島を考えてみよう。海とは何か? 海の経験とは、島の人々に死を体験さすことだ。だから島人達は安全な陸に移動することを夢見るのではなかろうか?
  島は海の不安をその重さとして −島自体の重さ− 持ったまま浮かんでいるのである。海と陸の間に位置する島を見ることが出来るように、人々の間にも不安があり、島も有る。その不安な島を支配しているコミュニケイションの苛立ちタンテライズの正体を質し、現実と想像のとあるイメ−ジを通じた観念を顕にしようとするものである。 一つ一つの島、或は独りぼっちの人間、幾つもの島、そして何人もの人。それらをこの作品は対象とする。

イメージを引き出す方法で、実在の島にて仮想出来うる伝説。
  昔々、遠く離れた島(落島)へ男たちが皆、漁に出て行った間に、その島に住む乙女が身籠ってしまう。島に残された女たちはあれやこれやと詮索を始める。ほんに不思議なことだ! 間違いない、犯されたに違いない! 恐らく島の鬼神様が漁に出た男衆に酷い罰を加えるだろうよ!
  大晦日の夜、男たちが漁を終えて帰って来る時、一緒に漁に出た仲間の内、7人が溺れて死に、戻ってこれなかった。島の人々は騒ぎ出す。処女が身籠ったせいで、運が尽き果てて漁に出た男たちが死んだんだ! やっぱり娘が汚されたからだ! 島の鬼神様がお怒りなんだ!
  島人達は娘を島から追い出し、別の島(無人島)へ追いやる。寡婦である娘の母親は、自分の娘が子を宿したと言う事実を信じることが出来ない。無人島へ幽閉される娘の孤立が島の状況となる。

作品方法
  この演劇では、実存の島と意識の島を象徴するオブジェ −TV、電波音、音速を突破する飛行機の音、海の音等の要素− と登場する女(三人で演じる)を通して、互い無関係に見え、異なったように思われる構成要素の間に、とある秩序(イメ−ジとしての島)を発見しようとするのである。
  このような作品は想像力の次元に依存しなければならないだろう。想像力は作品が進行されるなかで島を表現する −意識の島、実存の島− (想像力の秩序)を探すことになるだろう。この作品では説明的でストーリーテリング的な話はない。想像力の次元で、切れ目無く引き続き構成されてゆく、劇の混乱を経験する事になる。劇場に現れるあらゆる現象 −物体、音、声、光、光線或は照明、舞台装置の現象等、女の動きと言葉、そして女の声− このあらゆる動きが(絶えず動きながら)観客の視覚や聴覚に入りこみ、それに従う総体的感覚等が互いに交錯しながら劇は進行される。

舞台デザインの要素、及び舞台に登場する材料
   TVセット : モニタービジョンシステムが可能なもの
           ビデオ録画テープ=台本の内容から指定するノイズは色面画面をプログラム化させた物。
   35ミリフィルム : 映写幕投射

 

1. 島の発見

観客が劇場に入ると、舞台は露出している。
舞台の上正面にはTVモニター20〜30台が水平に地面に置かれている。 
公演時間になると、TV画面が一斉にノイズ現象。
打楽器の音と共に女4人登場。
TV画面、ノイズ現象から青色画面に映像が変わる。
  青色画面。
  女、蒼白な姿で正面を眺めている。簡素な服。
  暫く其の儘。かなり長い時間。
  清潔で端正な姿だが、髪はもつれ憔悴しきった顔色。

 

女1 (疲れたようにゆっくりと、しかしハッキリした声で)
私、私、私を殺そうとしたのよ。私の髪を引き抜き、回りにばらまいて、そして3日、4日と小舟に乗せられ、この島まで追いやられたの。(身震い)怖い! 怖いの!(間)(髪の毛をゆっくりとき上げる)風が吹いいたわ。空は雲に覆われて、山鳥は鳴き声すら出さなかった。母さんはしきりと空を仰いでいた。冷たく輝いていた母さんの顔。母さんは泣いていたのね……私は泣きはしなかった。石だって波に洗われて色あせると、角が無くなるんだって、そう言った母さんは、流れる雲の様に生きてきたのね。この世に悲しみが一つや二つだけでは済まないわよね? でも私の母さんの恨みは果てしなく広い空に咲いたツバキなのよ。血のように真っ赤に染まった母さんの心に、何か言葉をかけようとすると、それは逆に突き刺さるの、底無しに深―くよ。


突然聞こえてくる、音速を突破する飛行機の音。
暗闇
舞台ではTV画面、ノイズ現象
女、 中腰で立ち、正面を眺める。遠くから大漁祭の太鼓の音が聞こえ始める。その音はファンタスティックな音調で、ダイナミックに多様に変化する。
TV画面−ノイズ画面から祭りの音に合わせて、少しずつ画面が黄色に、徐々に濃い黄色に色の変化を起こす。
音楽が絶頂になったところで女は跪く。
祭り囃子が張り裂けんばかり早く、そしてゆっくり、音がやむ。完全に切れる。
TV画面−ノイズ現象。

女2 (膝歩きでゆっくり這い出てきながら、一言だけ)母さん! 母さん!
(蒼白になる。沈黙。客席を向き、射るように見上げる)



波の音
瞬時に暗転
波の音
TV画面 青色画面

女3 (うな垂れていた顔をゆっくり上げる。真横に座っている透明な母に向かって)
母さん、たとえ天地が崩れ去ろうと、この身に覚えは無いのよ。ご存じでしょう?(もどかしげに)ご存じのはずでしょう? 私がこの身に自ら罰を受けねばならないのなら、受けもしましょう。でも、私は母さんがいったとおり、母さんの教えどおりに生きてきたのよ。
母さん! (大声で叫び、身を震わせながら後ずさりする)
ああ! 解りました。母さん! ……私は罪深いのね。私が罪を犯したのね。私は死んで消えてしまわねばね。
七人の男衆が戻ってこれなかったから……私は死んで消えてしまわねばね。……母さん、もう何事も起こらないわ。  
(すすり泣くように肩を震わせる)母さん、母さん……


TV画面、ノイズ画面、かなり短く。
女、早い動作で膝を立てて座る。
TV画面、青色画面。

女1
(淡々とした語調で)四方から泣き叫ぶ声が聞こえてきたわ。母さん胸を深く抉(えぐ)りながらね。私のせいで7人の男が海で溺れ死んで、私のせいで7人の女が夫を無くしたんだと、女たちは群がって、母さんと私の髪をこれでもかと引き抜き、あたりにばらまいたわ。寒かった。怖かった。怖くて怖くてただじっと息を凝らして立っていたのよ。


TV画面、白色
女、不意に後ずさり、座る。片隅で体を丸め、両腕でくるんで座る。
他女2人、走り出し移動

女2

ダメよ! それは出来ないわ! 知らない! 私は何も……何も、お願い母さん!……あ、ダメ! 私は知らない! 
(誰かが体に触れたように思う。一方の腕で荒々しく払いのけながらあぐらをかく。) ダメ! だめよ! この子は私の子よ! 殺させないわ! そう!父無し子よ!誰の子だなんて知らない。だけどこの子はもう私の中で息をしているのよ。私にはこの子の息づかいが聞こえるの。殺すなら私を殺して! でもこの子だけは……(断固に。冷たい目付き。身なりを冷ややかに整える)

女2 島を去れと言うのなら去りましょう! でも母さんには何の罪も無いわ。私のせいで母さんは、もう既に罪の限りを受けてしまった様なものよ! 私のせいで、私が父親も解らない種を宿したから、処女が身籠ったから、運が尽きて漁に出た男たちが7人も死んでしまったと、この身を汚されたせいで、島の鬼神様の怒りに触れたんだと……
女3 だけどあなた達の魂はもう死んでるのよ! あなた達は互いに何も信じる事が出来ないのよ。あなた達の頭の上では毒蛇が毒を吐いてるわ。何も見えないし、見ようともしない。あなた達にはあなた達の鬼神様が居るでしょうけど、その鬼神様は夥(おびただ)しい数の殺人を犯したわ。あなた達の鬼神だけがこの世の罪を罰する事が出来るなんて、ありえないわ。
女2 あなた達、腐った臭いがしているわ! あなた達の鬼神はとうの昔からあなた達にまともに祀(まつ)られなかったのよ。ただ自分の足元が揺れ動いて不安な思いに駆られる時だけ、あなた達の卑(いや)しい鬼神を揺り起こすのよ。そして人を島から追い出し、無闇に殺してしまったのよ。だけど私には私の道があるの。私は自然よ。


波の音
TV画面ノイズ画面
女、隅で自分の下腹をしきりと撫でる。
恐ろしい目付きで、時折厳しく回りを見わたす。
TV画面、ゆっくりと灰色から青色に変わる。

女1 (夢うつつの声で)藪は闇に覆われていたわ。私は一晩中歩いて来たようね。真っ赤な木の葉の上に横になったの。服を脱いだわ。
木の葉が風に震えてた奇妙な音とぶつかりあいながら、稲妻になって轟(とどろ)いたの。私は急いで服を着ようとしたけれど何処にも見当たらないの。何かが私を捕らえて放してくれなかったの。私はあらんかぎり
の力をふりしぼって、見悶(みもだ)えたけれどだめだった。
女2 (前の台詞と重なって)なのにおかしいの、おかしいのよ、あの力強い物から逃れようとしながら、私の腕はそれを掴(つか)んでね、それに私の足を巻きつけていたの。違うわ、違うわ、話して、お願いもう話してと手を合わせて拝みながら泣くんだけど、それが本当に泣いているのか、笑っているのかハッキリ思い出せないの。髪が口の中に入ってきてカラタチの匂いがしたわ。香しい香りが私を酔わせ、耳元には甘い風が吹き寄せて、私の体を震わせたのよ。とても息苦しくて死んでしまうと思ったわ。もう行かなくっちゃ、行かなくっちゃと何度も呟いたのに、私の言葉は声にならなかったの。
女1

その時、数え切れないほどの星が目に飛び込んできたの。痛い、痛いと悲鳴を挙げたけれど、星は闇の中で輝いているだけだった。すると、大地の下から水の流れる音が鳴り響いたの。

(瞬間、地面に落ちる光、女、その光の下へ近寄る。)

大きな星が私の足元から抜け出して命の水になったのよ。星が水になって、その水がうねりを作って流れ、私は水に溺れたような気がした。流れに身を任せ水に漂いながら、私は突然、この世って、懐かしさだけがいっぱい詰まっているんだって信じはじめたの。水の流れが早くなり、懐かしさも募って・・・

女3 (前の台詞と重なって)眠っていたようね。お陽さまが私の顔をくすぐっていたわ。とてもくすぐったくて、眠りから覚めたのよ。だけど風のせいで、陽射しのせいで、そのまま横たわっていたの、すると突然、山鳥が飛んできて歌い始めたわ。その歌は虹のような音色で続いてね。歌は雲を呼んで、自由に花になったり、木の葉になったり、草になったりしながらね。ちょっとやそっとの悲しい歌に泣かなかった私よ、でもね、顔を上げて雲を目にした瞬間、涙が溢れ出たの。あの空とこの大地が漲(みなぎ)ったのよ。


女、声も立てずにしきりと泣く。しかし女の目には涙が一杯溢れている。

暗転
暗闇の中で飛行機が上昇する音
TV画面 黒色
女、服装をきちんと整え、中央へ歩いて来て座る

女1 母さん、何も思い出せないの。皆が私の長い髪を掴んで、白状せよと迫ったけれど、私は何も言えなかった。ああ、殺してやる、おまえを殺してやる、殺してしまうんだと、3、4人の男衆が大声を張り上げながら私を脅したのよ。初めは怖くて、悔しくて身震いしたけれど、本当に何も知らないし、思い出せないから、後はもうなぜだか気持ちが楽になってしまったほどよ。自分を欺けば神を欺き、身体を傷つければ心を傷つけると、母さんは仰(おっしゃった)ったわね。私がこの心の中に清らかさと優しさを深く抱いているのなら、この世の掟に縛られる事は無いって、この世の醜さに染まる事は無いって。こんなにもこの身体や心が重いのは、私の心にも明るさと暗さを区別出来ない何かが有って、前をしっかり見つめることが出来ないからですか。
女2 それとも、この世はあまりにも悪に充ちて、母さんが教えてくれた世界は幻だったのでしょうか?私だけが本当なのか、嘘なのか区別出できずにいたのでしょうか。明るい瞳でこの世を見るには、あまりにも真っ暗で、だから人は皆、獣の目で、獣の心で生きなければ何も見えないということですか?
女3 母さん、そうでないのなら、この世は明るいものなのに、この私の小さな肉眼で、この世を見るには、この世はあまりに眩くて、眩すぎるから、何一つ見ることが出来ないということなのですか?(間)


カモメの鳴き声が聞こえてくる。
女達、中央に集まりながら、

女2 視線を遠くへ送る。遠くに探していた何かを見ようとする。手で目を何回も擦り続ける。悲鳴のように)
母さん! 母さん! ほら、ふねが! 皆が、皆が、こっちへ来るわ!

女1 母さん! 皆助かったのよ! 母さん! 助かったのよ! ほら、見て! あそこ! あそこ!
女3 こっち、こっちにやって来るわ! 手を、手を振って居る! 助かったのよ! 皆、助かったのよ! あそこ! あそこ! 
(突然身体が強張る。やるせなさそうに自分の目を擦る。空しく)
(ガクリとうなだれる。むせび泣く)


TV画面、青色
TV画面、ノイズ画面 − 黄色に変化する。
女、 強ばっていた身体がだんだんと解れてゆく。
TV画面、白色
女、夢を見ていたような表情で花園に移動

女1 (夢うつつの声で、吃<ども>りながら)何時だったか、花園に出かけた事が有ったわ。夏の日なんだけど、蝶が舞い、鳥はさえずり、私は一番隅っこに咲いていた花の側へ行って見たの。その花に花びらが、花びらの中に新しい花びらが開いて、一生懸命息をしようとしていたわ。その時、澄んだ空に稲妻が光って、直ぐに雷鳴の恐ろしい音が聞こえてきたわ。怖くて、怖くて花びらの中に隠れようとしたけれど、花びらは葉を閉じてしまい、私はただ怖くて震えていたの。お花さん、お花さん、どうぞ、扉を開けて、お願い扉を開けてちょうだい。何故だか私、とても悲しくて、涙を流したわ。真昼の稲妻が光る大地の上に立ち尽くす独りぼっちの私、他の皆は陰も見えないようにすっかり隠れてしまったのよ。


TV画面が暫時、黄色の画面に変わり、白色に変わる。
女すばやい動作で夜に向かって。

女2 (天井を見上げる)夜になったわ。空一杯に星が輝いていたわ。星は遠く遠く離れていて、私の手で触ることは出来なかったわ。星が自分の身体が痒(かゆ)いと言って、しきりと自分の肉を掻(か)きむしるの、掻き毟られた肉からは血がぽたぽたと滴(したた)り落ちるの。星の肉は削られて、熱に焼かれながら、乾いた薪が割れる音みたいに、パチパチはぜて崩れ落ちていったの。ところが私は、ただ足をじたばたさせていただけ。私の心は既に冷えきって、誰かが私の心を癒してくれたらと待つことすら辛いくらいに冷えきって、もうお星さまだけ見上げていたのよ。


また違う夜に向かって

女3

星は自分の悲しい話で自分の身体を傷付けながら、まるで水に溺れた人が水の中でもがくように、ひたすら自分の肌を切りつけるの、私は一刻も早くこの星の光が溶けて流れ、お月さまの所へ行って、そこで安らかにお眠りなさいと祈り続けたの。けれどその時、お星様は、傷口から汁が出るくらい肉を引き千切ったので、そのまま溶けて、水のように流れてしまったの。


より深い夜空にかって
TV画面、青色
女2 (座り直し、全身が緊張するように座る。かなり挑発的な姿で身構える。)
私の気がふれたですって? 気がふれて、化け物がのり移って、まるで気違い沙汰ですって? 自分勝手に巫女になったつもりで、うわごとを触れ回ってるですって?
女3 あなた達はあなた達のやり方でお話しするだけでしょう。人の話を聞いた事有るの? 耳を傾けて、謹んで心を開いてみせた事があったの?
女2 あなた達は昔からそうだった。自分たちの楽しい生活の為だけを願って、鬼神に額ずき、お供え物を捧げてきたけれど、結局、あなた達の鬼神はあなた達を怯えさせ、恐ろしく暴れ回ったじゃない?
女1 そしてあなた達を殺す時もあったじゃない。
女2 その都度に、あなた達は鬼神を疑いもせず、生身の人間だけを汚らわしい儀式の供え物にしたわ。
女1 憎み合い、奪い合い、はしたなく卑しく妬み合い、裏切り、罵り合いながら生きているのよ。あなた達は何も見たことが無いのに、ただ疑っているのよ。
女3 あなた達は真実を言ってないよ。
女2 そこに居なかったのに、恰(あたか)もいたように喋っているのよ。
女1 こんな風にこの世は終わらない。
女2 こんな風にこの世を終わらない。
女3 こんな風にこの世が終わる訳がない!……


音楽に合わせて動く3人

女3 鳥は堅い嘴を持っているのに、何一つ口に出来ないほどこの地上の果実はとうの昔に、すっかり腐りきってしまったのよ。仕方なく鳥は羽毛に覆われた自分の肉を切り刻んで飢えを凌ぎ、それでもひもじくて空を飛び回り、風に引き裂かれてしまったのよ。こんな風に鳥が死んでいってるの。今日も数千、数万の鳥達がこんな風に死んでゆくの。天地はこんな風に死に行くもの達で溢れているのに、皆、信じないの。わからないの。死にはしないとわめきながら、あなたと私も死んでゆくのよ。此処は島よ。
女2 この大地はあまりにも暗い。人はもう生と死を区別する術さえ失ってしまったわ。この汚れた大地に身体を擦(こす)りつけて生きているのよ。地面は湿っぽく百年もの間、腐った匂いを漂わせているけれど、自分の身体が腐って臭気を放っているのには気付かずにいるのよ。
女1 片隅で充分塩漬けされなかった魚の一切れが、腐ることは分るのに、その先のことは何も分らないのね。そのまま横たわり、力なく這って行くだけのことでしょう。虫けらのように。あなた達って、一緒に生きているけれど、それも偽りなのよ。
女2 お互いに赦(ゆる)し合う事を知らない。
女3 時々恐ろしく雷鳴が轟いて、神があなた達の誤りを話す時も有るわ。するとこのおぞましい島で、島が沈んで無くなるみたいに動揺するけれど、それもその時だけなのね。時折雷鳴に怯え、海に向かって駆けてゆきはするけれど、何も見ずに、そのまま舞い戻って来るだけのこと。(間)
女2 私は、とても長い間、自分が生きている人間で無いような気がしたの。あなた達の鬼神の前で、あなた達と一緒にうな垂れて生きていたのは私ではなく、私の抜け殻だったような気がするの。
女1 だけど、私は雲の中に花を見たの、そしてその花の中に悲しみの痣(あざ)を見たのよ……私、もう助かったんだ!


太鼓の音
瞬間暗転、光柱の照明が女3に当たる
女3、呼吸を止めて正面を凝視する。
突然、中央に向かって猛烈に駆けてくる女3。
素早い暗闇
暗闇の中で水の流れる音 − 長い時間
TV画面、青色

女1 (透明な母に水の入った白い鉢を渡す)さあ、母さん、お水をどうぞ。どうしたの? (母の表情を伺いでもするように、白い鉢をおろす。)母さん、何も起こりはしないわ。皆行ってしまったわ。私は何ともないわ。大丈夫よ。母さん、このお日さまについていけば、我が家に辿り着くはずよ。どんなことが起ろうとも、私は母さんの側を離れないわ! (後ずさりする。透明な母さんの顔色を伺う)
女3 母さん、泣いてらっしゃるの!……一度も母さんが泣いた姿を見たことがないのに、母さんが泣いてらっしゃるの。 母さん、もし私が母さんの側を離れる事が有ったとしても、それは私が海になることなのよ! 四方に波を起こし、季節ごとに花を咲かせ、そして散らせる大きな海になることなのよ。母さんの切なさ、節くれだった骨に染みついた悲しみの一つ一つを、私が海になったらきっと綺麗に洗い流してあげられるわ。(ゆっくりと母の顔色を伺っていたが、地面に視線がゆく)


素早い光が移動

女2 (スポットに向かって)あら? ああ! 母さん! 膝元に! 膝元に花が! 花が咲いたわ! 母さんが流した涙が、今花を咲かせたのね!きれい! きれい! ああ!(花を撫でる。暫くそのまま。身体を起こす)


音楽

 

≫ 島から島へ